1月7万円で暮らせますか

スポンサーリンク

1月7万円で暮らせるかどうかは住居費が

どのくらいかかるかによるのではないでしょうか。

低年金生活者は住居費に金がかからないように


公営住宅で暮らせば、

7万円で暮らすことは難しくないし、

公営住宅以外の賃貸で

2万円以上の住居費がかかれば

むずかしくなるのではないでしょうか。


参考:「生活費は年金で。70代女性牧師の

「月7万円」のやりくり術」(毎日が発見ネット)

で牧師さんの1月7万円生活の実情を

書かれていますが、

牧師さんだからお金がなくても

満ち足りた生活が送れるという訳ではなくて、

7万円しかないのでやりくりして7万円で

生活しているということですね。

この方が公営住宅に入居できなければ、

変な話、老後破綻になってしまいます。

1か月7万円で生活されながら

人の相談に乗っていらっしゃることが

素晴らしいですね。


もうずいぶん昔の話ですが、

信者から金を集めることに

懸命になるリーダーもいましたね。

それであれば生活の心配はありません。

小笠原洋子さんの一日千円生活

このブログで、小笠原洋子さんの

「1日1000円ケチ生活の中身」

紹介しましたが、小笠原さんの場合、

5万5千円の公団住宅に住んで

月に10万7千円程です。

ですから、家賃を引くと1月5万2千円で

生活していらっしゃることになります。


生活の中身としては、

小笠原さんの方が、

切り詰めていらっしゃいます。

ご本人は果物、野菜の皮を

むかないような生活をされ、

ティシュの代わりにトイレットペーパーを

使っていらっしゃいますね。

私も真似をしてみましたが、

使用するたびに切らなければ

いけないので面倒でダメでした。



切り詰め方は、

それぞれのやり方があると思います。

これはできるけれどもこれはできない

というような生活習慣上の違いから

くるものです。


みんなそれぞれのスタイルで

節約生活にたえながら、

少しでも楽しみながら生きていると

いった方がよいのでしょうか。