高齢者がアルコール依存症になってしまう理由

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます。

昨日久方ぶりに友人に会ったのですが、以前はスマートだった彼がずいぶん太っているのでびっくりしました。

誘い合ってよく居酒屋で飲みましたのでどうして太ったのか、お酒が原因なことはすぐわかります。

お酒の飲み方は考えないと、よく言われるように健康被害を生みます。私は、以前飲んでいましたのでというよりも酒の中で泳いでいたのではないかと言われるくらい飲んでいましたので、大きなことは言えませんが、友人には、言っても構わないだろうと思うのです。

あれほど飲んでいたこいつがやめられるのだから俺もやめられるときっと思ったことでしょう。酒をやめられない自分を想像できないと思っていても何かの拍子にやめられる時が来ます。

断酒など絶対できないような私でしたが、酒を飲まなくなったので少々の依存症程度の方は飲まないと思えば飲まずに済ますことができるようになるだろうと思います。酒は飲まなくても苦しむようなことはありません。

ところで、高齢者が深刻な依存症になるのは、若いころに比べてアルコールの力に弱くなっているのと一人でいる寂しさを紛らすために酒に頼ってしまうことがあげられるのではないでしょうか。

このコロナの自粛生活で家に引きこもり、やることもなければ酒を飲んで過ごすような生活になってしまうかもしれません。

毎日小量といえども飲んでいますと習慣化してしまいます。年を取ってアルコールに弱くなっているのに一方でアルコールに頼った生活をしていますとどうしても酒の量が増えて、依存症に傾いて行ってしまいます。

人間は弱いのでどうしても楽なほうに傾いて行ってしまう。昔はそれほどでもなかった方でも、表にも出ないで酒ばかり飲んでいるような生活をしていると依存症になってしまうのは、無理もないことです。

そうならないよう自分で何かやることを見つけないといけません。パチンコがいいとは思いませんが、楽しくやっていけることを見つけてください。

そうそう友人は、囲碁をやる人で以前は会所に行ってやっていましたが、今ではネット対戦でやっているそうです。便利になっていますね。

アルコール依存症は、認知症になる確率が高いです。なんとなくわかる気がしますね。認知症ほど楽で、それでいて怖いものはないですね。

酒をやめることは、難しいことですが、思った以上に簡単です。やめようかなという気持ちが少しでもあれば、そういう風に持って行ってください。いつか早いうちにやめることができると思います。