高齢者の一人暮らしで安全な入浴は

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます。

冬場は入浴の際に事故が起きやすい、ということについて

以前にも「高齢者の家庭内事故 ヒートショック」

という記事でお伝えしております。

一人暮らしの高齢者が一番気を付けなければいけないのは、

けがとか事故ですね。

冬場の入浴も十分注意しなければなりません。

不測の事態が起きた時助けてくれる人がいないわけですから

入浴中に脱水症状を起こさないようにしなければいけません。

ご家庭で対策を立てていらっしゃることと思いますが、

今日はこういう記事が出ておりますので改めてご注意ください。

「風呂場の急死の原因は「冬の熱中症」だった!
 年間2万人死亡、最適な入浴時間と温度は?」(デイリー新潮)

冬場に入浴事故が多いということはご存じかと思います。

特に自立した高齢者が入浴中に毎年2万人以上なくなっていると

推計されています。

これまで血圧の上下で血管の収縮、拡張で

心筋梗塞や脳卒中を引き起こすのが死因だと

考えられてきましたが、このニュースによると

見方を変える必要があります。

入浴中に熱中症を起こして意識障害や脱力感を起こし

浴槽から外に出られなくなってしまい、

それで誰にも助けられず溺死してしまうということが

分かってきました。

昔から熱い風呂には入るな、ぬるめで10分以内

といわれ、のぼせるほど入ってはいけないといわれていました。

特に寒い部屋で生活している高齢者は、

熱い風呂に入りたがる傾向があるので部屋の温度を

あげ、あたたかくして生活する必要があります。

部屋の温度は、18度以上が望ましいといわれてます。

入浴前に脱衣所、浴室を温める。湯温は41度以下。

10分以内。入浴前後に水分補給を。

下に介護椅子を紹介させていただいていますが、

浴槽が深い場合は溺死ししないよう、こういう椅子があると

楽です(浴槽の中で使います)。浴槽から出てくる時のためにもあると便利です。

3段階ぐらいの調節のきくものがいいです。

---------------------------------

ランキングに参加中です
応援していただけるとと
ても励みになります

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
高齢者の健康
シェアする
高齢者の明日を考える