副業に夢中!そんなに悲観しなくても

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます。

会社の業績が不振のため副業をして収入を増やそうとするご主人に

不信感を募らせる奥さんの話です。

「会社の副業容認で意欲を見せる夫に

先行きの暗さを感じる妻の嘆き」(マネーポストWEB)

この記事を読まれてどう思われますか。

私はこの奥さんの考え方の方が危ないのじゃないかと思います。

コロナで業績不振になっている企業は、

自力で社員の収入を増やすことができないので

それぞれ個人個人で何とかしろという風に

下駄を預けてきます。

あきらめの早い人は、そんな会社に嫌気をさして辞めていくでしょう。

それこそが会社の狙いだったりします。

ご主人さんは会社が嫌いではない

ご主人さんは、業績が悪化してボーナスも出ない状況に

なっていることに冷静に対策を打とうとしています。

月々2万円ほどの収入を得ている副業の

枠を広げようとして7万円の仕事を受け失敗した。

経験不足だったり、技術不足だったりしてうまくいかないことで

出てきたことであって、最後まで何とかしようと

喰らいついていっているご主人さんは辛抱強い。

自分の好きなことのためでもあるのですが、

家族のためにやっていることでもあるのですから、

悲観的すぎる必要もないのではないかと思います。

辞めたいといわなければ

ご主人さんの会社には、将来がないから

新しい仕事を探したほうがいいと考える奥さんの方が

危ないじゃないですか。

先行きが不透明な時こそ現在のところで粘れるだけ粘って

先々のために力をつけておいた方がいいと思います。

時期が変われば、会社の業績に変化が出てくるかもしれません。

文章セミナーいいじゃないですか。

子育てでお金のかかる時期なのに文章セミナーにお金を使うのは、

検討違いだとイラつくのはちょっと早計ではないですか。

文学部出身で文章力に自信を持っていたご主人さんでしたが、

自分の未熟さを思い知らされ、発奮して文章セミナーに

通われるというのはいい気づきです。

能力を身に着けるまで時間がかかります。

ブログを始めればすぐにでもお金が稼げるようになると

思うのは、勘違いです(だれのことかな)。

のめりこむのは注意して

睡眠時間を削って本業に差し支えるのは危ないので

睡眠だけはきちんととる。

奥さんとユミュ二ケーションを取る。

真面目なご主人さんだから子育ても手伝う。

気がかりなところはこんなとこです。