ブログ初心者にとってクラウドソーシングはいいことが多い

スポンサーリンク

いきなりブログを立ち上げるよりもクラウドソーシングで仕事を受けながら書くことに慣れ、上達を目指していった方が、書けなくなって立ち止まったり、挫折したりせずに済むのでいいですよ、という趣旨の記事を書きました。


この記事では焼き直しになりますが、クラウドソーシングの仕事をこなすことで書くことに慣れ、ブログ運営につなげていくことについています。



クラウドソーシングは、受ける仕事によって単価がまちまちです。なるべくいい単価のものを選ぶのがいいのは言うまでもありません。

たくさん仕事があるので、仕事を選ばなければ何時でもあります。


ブログ初心者はライティング作業を目指す

ブログ初心者は書くということに慣れていないので書くことに苦労します。

書くことがうまい人でも文章で表現することを身につけるのにどこかで訓練しています。

訓練する場所がないよ、という人はクラウドソーシングはいい訓練場所になります。

ただあまり安くて気が遠くなってしまいますが、辛抱です。クラウドソーシングのWebは、文字が小さくて画面を見るのはつらいです。

システムの使い方を覚えながら、仕事を受注していきます。最初は、低単価の仕事で積極的になれないですが、明日を夢見てできることを増やしていきます。

今ライターさんとして収入を得ている人も新人の頃は、安い仕事をやりながら力をつけていったといってます。


最初は、少ない報酬から始まることを覚悟しなければなりません。

ブログの運営のために力をつける

私の場合ブログは簡単に稼げるというような本を読みすぎた、せいで現実とのギャップが大きいことにあせります。

ですが、1年以上独学でやってみて、ネットや本の情報を参考に勉強してみてできないことはないなと実感しています。

収入について中にはオーバーじゃないのかと思えるものもありますが、良心的な情報を提供してくれているブログも数多くあります。

アフェリエイトは最初の1円を稼ぐのが大変だと言われますが、googleアドセンスを使うことでそのハードルが低くなっています。

アフェリエイトは、 googleアドセンス の運用に慣れていきながらやっていけばいいのではないかと考えています。

良質な記事、役に立てる記事を書けるよう力をつけるためのステージとしてクラウドワークスをお勧めします。


クラウドワークス