僕はパパ活よりもチキン活だ

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます。

生活が厳しいから、パパ活もやる。

30手前なのにぶらぶらしているので、

実家を追い出された男性が行きついた先は、

新宿歌舞伎町ネオン街ホストクラブ

感染防止のため営業自粛を要請されても

営業せざるを得ないのが夜の世界。

一時期は自粛していたが、最近は各足も

戻ってきているということです。

いいのか悪いのかと考えることなどできない。

生活のためとはいえそういう世界に飛び込んで

働く若者。

そういう日々の銭稼ぎの世界だからこそ、

コロナ防御には、精一杯神経を使っていることでしょう。

パチンコ屋はずいぶんたたかれたけども、

いいとは思わないが、病院よりも安全だと結果が出ています。

集団感染の難しさがありますね。

問題は感染の恐れがあっても

問題は感染の恐れがあっても遊びに行ってしまう

客の心じゃないですか。

あの手この手で客の心をわしづかみしようとするお店の営業。

虜にされるお客。そういった世界で働く人(ゲイ)が、

昼間回転ずし屋のアルバイトを週3回こなしても足りないので

体の関係はお断りパパ活をやるということです。

声を掛けられて5千円もらって飲食に付き合うそうです。

男が男と飲食をともにして5千円も払う。

レンタル何もしない人の歌舞伎町(ゲイ)バージョン。

たくさんの人が様々な出会いを求めてさまよう街。

どんなに賑やかでも年寄りには、とっつきがたい世界。

これでコロナにかかったらどうするのだろう、

明日からの生活はどうするのだろうと思う。

いよいよ困ったときは、実家にまた戻ればいいのだろうが、

戻るところもないからチキンでも構わない、

自粛生活に耐えるだけでしょう。

昨日は、久々にチキンカツを食べました。

うますぎちゃんでした。