早期退職で成功するポイントは2つ

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます。

早期退職を余儀なくされた場合、定年退職と違い

退職後の準備が整わないケースがほとんどですから、

生きてゆくのが難しいケースが多いですね。

今日の記事は、早期退職で成功するポイントについて

書かれたものです。

「早期退職後の「第2の人生」成功のカギは? 

経験者“疎外感”に悩む〈週刊朝日〉」

早期退職ですから、再就職して生活の糧を得なければなりません。

失業手当が出ている間に仕事を見つけて

定着できればいいですが、定着できないと大変なことになります。

この記事では、5人の例を挙げて成功のポイントは

2つあると説いています。

切り詰めた生活ができるか

仕事をしていたときは、月々の収入がありますが、

失業すると失業手当は出ますが、

余裕のある生活ではありません。

それまでと同じような考えで生活していては、

すぐ苦しくなってきます。

その時に生活の中身を考え、余力のあるうちに

無駄を省いて節約できるだけ節約するという

生活習慣に変えていかねばなりません。

その際1番大事なのは、住居費(住宅ローン)です。

住居費がかからない方法を考えていかねばなりません。

普段からお金のかからないよう質素な生活で過ごせる人が

成功するといっています。

ひきこもりはダメ

職探しをしているからと図書館などで一日過ごして

人との接触をしないと孤独に悩むことになります。

そういう時でも人とのつながりを

求めて活動することが必要です。

人とつながりを持つことで職探しにつながったり、

励みになったりできるからです。

知り合いの口利きで仕事が見つかったというのはこういうときです。

この記事とは別に

常々趣味を持って極めていることはいいことですね。

どういう趣味にしろ、仕事に変わるチャンスがあります。

それまでにやっていた技術なり、経験などがあるわけですから、

新しく取り組むにしても楽です。

---------------------------------

ランキングに参加中です
応援していただけるとと
ても励みになります

雑記
スポンサーリンク
シェアする
高齢者の明日を考える