コロナ収束後職場での飲み方はかわるのでしょうか

スポンサーリンク

コロナ前とコロナ後では

飲酒するスタイルが変わりました。

在宅時間が増えたこと、

帰宅が早くなったこと、

密になることを避けるなどの

風潮で外のみが減ったからです。



職場でのイベントは変わるでしょうか。

~約3人に1人がコロナ禍でお酒の頻度(キリンビールによるインターネット調査)

世の中の変化に合わせて職場での飲み方も変わるかも

職場の同僚、友人との付き合いで

外で飲んでいた人が、

自宅でゆっくり自分のペースで

飲めることや

オンライン飲み会や

自宅でお金をかけて飲むことに

気づいたことで、

個人的な見解ですが、

外飲みの機会が

減るのではないでしょうか。

酒を飲まなくても

コミュニケーションが

取れるということが

分かれば飲み会も

減るかもしれません。

コロナ禍では酒の量が増えた

調査の結果分かったことは、

コロナ禍で外のみは減り、

自宅で飲食をする機会が

増えたことです。

そのせいで飲む頻度が増え、

飲む量も増えました。

普通は減りそうなものですが、

飲む習慣がある人は、

時間が増えたせいで

飲む量も増えてしまうんですね。

逆に飲む習慣のない人は、

これまで以上に

減ったということが

分かりました。

会社での飲み会は今後どうしたい?

復活させたい飲み会と

このまま幕引きで

終わらせたい飲み会とに

分かれました。

復活させたい飲み会は、

「「花見」「忘年会」「誕生会」

のような季節を感じさせるイベント。


無くなってもいい飲み会は、

「取引先との飲み会」

「会社の定期飲み会」「新年会」。

無くなっていい理由は、

アルハラと気を使うからだそうです。

プライベートは楽しみたい

プライベートな飲み会は、

楽しみたい。

私の知っている限り

会社の宴会というと、

女性、若い人は

敬遠する傾向にあります。

気を使ってまで

飲むということが

ばかばかしいという気持ちが

あるのでしょうか。

---------------------------------

ランキングに参加中です
応援していただけるとと
ても励みになります

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
雑記
シェアする
高齢者の明日を考える