高齢者は働らかざるを得ない現実がある

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます。

あなたはいくつまで働く気でいますか、あるいは

いくつまで働きたいですかという質問をされた時、

あなたが高齢になればなるほど高い年齢まで

働きたいという希望に変わってきていませんか。

若い頃には思いもよらなかった現実に直面して困っていませんか。

働くことが好きだからとか生きがいだからという人は

別として働かなければならない事情があれば苦しいですね。

いつまで体が動くか

仕事を持っている方は、今いる職場で働けるだけ働ければいいですが、

そうはいっても体を動かす仕事は、

年をとるとなかなか厳しいものがあります。

体力の衰えとか気力がなくなってきて苦しいなーとお考えであれば、

自宅でやるマイペースの仕事を検討されてはいかがでしょうか。

何でも準備が必要

年をとっていても健康であれば働ける仕事はあります。

しかし体力仕事であったり、面白みのない仕事であったりします。

働きたい希望があれば、ネットを使ってやる仕事が一番でしょう。

2足のわらじは履けないといいますが、

高齢者の仕事は2足も3足も4足も履かなければなりません。

つんのめってコケナイようにするだけです

文章を書いてみる

文章を書くことを訓練されたらいかがでしょうか。

少しずつ慣れて行って収入を増やすことを

考えられてはいかがでしょうか。

年をとっているのですからのんびりはしていられないですが、

やっているうちに色々アイデアが出てきたり

要領が分かってきたりします。

日本で一番受注案件の多いクラウドワークスに登録してみて

やってみて続くかどうか、できそうかどうか、

楽しめるかどうか一度ご検討ください。

笑えるまで多少時間がかかるかもしれません。

気づきがないと(自分のことです)一生笑えないかもしれません。

しかし待ったなしなのでできるだけ早くご検討ください。