情報商材は本当に役に立つのでしょうか

スポンサーリンク

今のようにYou Tubeなどで簡単に(以前に比べて)

情報発信できて、しかも良質なコンテンツ、

役に立つコンテンツということが

意識されるような風潮になってくると、

無料でいい情報を手に入れることが

できるようになってきます。


秘密の情報であったものが、

どこからかもれてネット上に現れ、

秘密でもなんでもなくなってきます。

情報の回転が速くなり、

昨日は使えたものが今日は、

役に立たなかったとなってしまいます。

先行者利益の期間が短くなってしまいます。

参考:「【騙される心理】私が情報商材に

500万円注ぎ込んだ理由」ロケットニュース24


情報商材にお金をつぎ込んだ話

情報商材に500万もお金をつぎ込んだ方の話です。

10年間どうしたら人の情報を買って

金もうけできるかを考え、

実践した人の話で、

結果は、トントンということです。


情報商材を買ってトントンなら

よい方ではないかと思います。

研究熱心な方で、結果が良好なものは、

「輸入転売」「YouTube」「ブログ」

だそうです。

今もそこそこ人気ですね。

「ブログ」はちょっと痛いかもしれません。

といいますのも、

今となってはうまみが

少なくなってきていますからね。

情報商材を買わせるセールスライティングに60ページ以上

記事の外注化の情報商材の広告を

読んでいましたら、

情報商材をセールスするのに

これでもかこれでもかと、

ライティングし続けて

PDFのページ数60ページ以上

口コミ人数もかなりの数で、

読むのに相当な時間がかかります。



ここまでしなければ、

売れないというのもどんなものだろう

と思いました。

想定される不安の解消に

力を使っていました。



その説明文を読めば、

やり方のおよそが分かってしまうほどです。



具体的な数値が分からないだけです。

具体的な数字は、

ネットで調べればわかるのでは

ないかと思います。

読んでいて勉強になったのは、

セールスライティングの方法です。

不安をどのように解消してあげるのか、

というやり方、書き方が学べるのです。

情報商材を販売するのも

エネルギーを使います。

いったん作ってしまえば、

あとは自動で売れていく

システムなのでしょうが、

真似をされるまでの期間だけ

通用するので終わってしまうので

はないでしょうか。

心配する必要もありませんが。

薄っぺらな情報商材と違って、

いいかもしれません。


その気にさせるのがうまいですよ。

買う人も相当出てくるでしょう。

記事を自分で書くというのは、

時間がかかりますからね。


私の場合、安いなあと思う

情報商材ですら買えない状況ですから、

必要はないです。







---------------------------------

ランキングに参加中です
応援していただけるとと
ても励みになります

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
ブログ
シェアする
高齢者の明日を考える