買い物こまめ派 VS まとめ買い派

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます。

毎度話題ですが、買い物こまめ派とまとめ買い派どちらがお得かという話です。

節約の観点から考えればまとめ買いのほうが、断然有利でしょう。私はそう思います。なぜならスーパーが年がら年じゅうセールをやっているのは、スーパーに来てもらえれば衝動買いをしてもらえるからです。スーパー側からすれば自信あり。

そのため買い物客の回るルートには必ずと言ってよいほど新商品だったり通常とは違う値引き率の商品をディスプレイ(置いてあるというのではなく気が緩むよう仕掛けがしてある)してあります。

その商品に手を出した途端買わないつもりでいたのに思い出してずるずると買ってしまいます。購買意欲がわくように飾ってあるのです。

カレー粉の特売はなんでかな。

そういう自分の弱点を承知している人は、買い忘れが起きないようにする意味もありますが、メモ書きをしてそれ以外買わないようにしています。

こまめに買うメリットは

・目標ができることで徒歩で買い物に行き運動をする。

・買い物は少額でも楽しいので気晴らしになる。

・夕方の割引セール利用で節約になる。

・自分で夕食を作らない人は、タイムセールの弁当を買うことで食事の支度をすますことができる。

まとめ買いのメリット

・時間の節約になる。

・仕事の都合でこまめに買い物ができない。

・衝動買いに振り回されない。

以上のように考えましたが、最近の高齢者は小量買いのためコンビニ利用も増えています。

例えば私は、肉じゃがとか煮物、ハンバーグ、煮魚、焼き魚など手間のかかるものや調理の難しいものなどはコンビニで買うことがたまにはあります。多少高いかなと思いますが、外食するよりは安いです。

コンビニ各社で味もメニューも違いますが、スーパー利用で足りないときなどは使用しています。