キーワードについて勉強しておいた方がいいと分かった【ブログ初心者】

スポンサーリンク

最近、ブログ初心者のうちにキーワードについて勉強しておいた方がいいとつくづく思いました。

私がブログを始めた頃思いつきや気分で題を選んで書いていましたが、100記事書いても大してアクセスは集まりませんでした。

当時ブログ村に登録していたのですが、アクセスは、そのブログ村からの流入頼みでした。まだキーワードの意味も大切さも分からない頃で、検索エンジンからのアクセスも見込めず、アクセスは限られた状態でした。

ブログ運営で検索エンジンからのアクセスはとても大事で、この検索エンジンの対策をどれだけやるかでアクセスが変わってきます。

検索エンジン対策とはどういうことか

検索エンジンというのは、GoogleやYahoo、Bingのことですが、読者は調べ物をするときには、この検索エンジンの検索窓に言葉を打ち込んで調べます。

この言葉のことをキーワードといいます。

書いた記事の中にこのキーワードが入っていないと、検索に引っかからずアクセスが来ないということになってしまいます。

その結果、半年経ち、1年経ちしてもさっぱりアクセスが来ないことになってしまいます。ランキングの方からの読者のアクセスは、あるのですが、アクセス解析をしてみると検索エンジンからのアクセスがそれほどないことが分かります。全体的に薄い状態です。

普通は、多少はあるのですが、私の場合ありませんでした。薄いとかではなくつるんちょでした。

ですから、検索にヒットするよう、キーワードをタイトルや見出しに入れることが大事だと反省しました。

仮に自己満足でブログをやるにしても大したアクセスがないというのは寂しいことですね。

タイトルにキーワードを盛り込むことについて

ただ思いつきだけでキーワードを選んでもブログのテーマからずれたり、カテゴリーに収まらない記事を書いたりします。

ですから、キーワードはどういうものを選べば良いのか考えてタイトルにキーワードを盛り込まなければなりません。

キーワードには3つある

ビッグキーワード
 ビッグキーワードは、多くのユーザーが検索してくる言葉で、検索回数が非常に多い言葉です。
ミドルキーワード
 ミドルキーワード は、ビッグとスモールの間でビッグキーワードに何か1語加えた複合キーワードです。1語加えることで検索数を絞り込むことができます。
スモールキーワード(ニッチキーワード、ロングテールキーワード)
スモールキーワード は、ビッグキーワードに2語以上加えることで検索される回数が少なくる。 競合が少ないので、このキーワード狙いがビジネスに生かしやすい。月に1000回未満。検索は 少なくても上位表示しやすい。



1日1記事書くことが大事だと思っていたが

独学の弱さで、ただ記事を書くことになれるよう優先してきましたが、ブログを運営するにあたっては基礎的な知識というのがあって、勉強しておかなければならないことがあります。

時間が経ってからわかってくるので厄介ですね。

そんな反省にたち、最近本を読んでいるのです。

この前本を2冊紹介しました。

2015年ごろの本で中身が色あせておらず、読んで勉強になってよかったという本が幾冊かあります。

『儲かる検索キーワードの見つけ方講座』中尾 豊 ソシム刊

『集客・検索キーワードの選び方・使い方』瀬川 和人 ソシム刊

の2冊がいいと思いました。