桐谷さんの株主優待生活はあなどれない

スポンサーリンク

株主優待で人気のある桐谷さんですが、今講演、テレビ、執筆で引っ張りだこです。

桐谷さんが将棋の棋士をしていらっしゃったのはご存じでしょうか。

3億円の資産がありましたがサプライム、リーマンショックで大損失

2007年当時棋士を引退した時、3億円程の金融資産があったそうです。

ひとつ株式投資で大儲けしてやろうとお考えになって、デイトレードに励まれたそうです。

デイトレードを続けているうちに2007年差プライム、2008年リーマンショックに会われて大損されました。

精神的に落ち込まれて持病も悪化して、医者から死ぬ一歩手前だと言われたそうです。

暗い日々を送られたそうですが、株主優待の分散投資に切り替えられてから落ち着かれ、精神的に楽になったそうです。

今では株式優待の分散投資で1000銘柄保有

今は1000銘柄まで増え、クオカードやらお米券やらをもらい、優待品で生活を送っていて、お金をほとんど使わない生活だそうです。お金を使わないのでたまる一方だそうです。お金の使い方が分からない。

羨ましい限りですね。

優待券に期限があるので使い切ろうと自転車で出かけるから健康にとてもいいそうです。

お話を聞いているとお気楽な印象を持ちますが、苦い失敗を経験され、克服されたからこそです。腹が座っていないと長い時間はできないものだと思います。

限りなく長期投資の世界

株主優待と配当を受けながらやっていく方法なので、頻繁に売買することもなくじっと保有することができます。極端な表現ですが、人生の時間をかけた投資法です。株式市場は、浮き沈みがありますので若い人であればあるほど有利ですね。人生もいい時があれば悲惨な時もあります。のしてみていい方に引っ張ることができます。

桐谷さんの私生活のお話を伺っていると、同じ本を2冊買ってきたというような話が出てきます。株主優待投資は、そんなおおらかな投資法で、一瞬にして稼ぐやり方ではありませんが、時間がたてばたつほど強固なものになっていきます。

日経平均もどん底に張りついていた時期があって、7000円くらいの頃が15年くらい前にはありました。その頃仕込んであった優待銘柄であれば、今はかなりの株価になっていますね。安く仕入れていますので、配当利回りは相当いいものになっています。

人生追い風が吹いた時、うまく乗れれば最高です。生かし切れた人は、いいですが生かしきれないと残念ということになってしまいます。

十分勉強してあれば対応できるでしょうが、現実にはうまくいかない方が多いです。人と同じことをしていてはダメだとよく言われますね。

今日の飯を食うことばかり考えていてはできません。今日の飯を食うことを考えるのでしたら、デイトレの勉強の方があっているでしょう。それで成功されている方もいます。

順調にいきすぎて寿命があることを忘れていた

これから先の生活は、優待生活の日々で生活に困ることはないでしょうが、いつかは整理をつけなければならない時が来ます。

時間をかけてコレクションされたものです。愛着もあってなかなか手放せないケースも出てくると思います。

ひとつの道を究めるというのは、試行錯誤もあって時間がかかるものですね。

うまくいかないからと動きまくっていては身につかないものです。

桐谷さんの優待株主生活を表面上は理解できても、心から理解するのは、時間がかかります。

売買を繰り返すだけでは分からない部分があると思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

桐谷さんの株主優待のススメ (単行本) [ 桐谷 広人 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/5/21時点)


株主優待にも税金がかかる

株主優待品は「現金」ではありませんが、課税対象となる場合があります。

副業などの雑所得がある人は、合算して20万以上の場合、税金の申告対象となります。

しかし、場合によっては優待はそもそも現金ではないし、価値も変動するので誰にも判断がつかないので申告しなくてもよいといわれることもあります。

心配であれば、確定申告時に申告先の税務署にお尋ねになるとよいでしょう。

特にたくさんの優待をお持ちの場合は。