株主優待の桐谷さん

スポンサーリンク

株主優待の桐谷さんのやり方について

書籍をさがしていました(最新刊読み終わりました)が、

you tubeで桐谷さんの動画が

出ていることが分かりました。

気づくのにノンビリしすぎています。

早速見ました。

若い頃株主優待はどんくさいと思っていました

若い頃というか、株投資を始めたころというのは

できるだけ早くお金を増やそうと急ぐのですが、

株式投資をして大事なことは、

軍資金を減らさないということで、

それが身に染みて分かるまで

ずいぶん失敗を重ねてしまいます。

若い頃桐谷さんの株主優待について知ると、

特急に乗ろうとしているのに

無理やり鈍行に乗せられているような

気持ちになります。

まどろっこしくなるのです。

ですが、安全安心に資産を増やしていくことは

とても大事なことで、年金生活に入って

見かけ上の良さよりも

実質的な生活の安定感を考えた場合、

いいやり方だと分かります。

クオカードが100枚くらい、

優待券は、ポーチにぎっしりで使い切れない、

なんてのを動画で見ますと羨ましいですが、

管理が大変だなあとも思います。

「日本証券業協会主催セミナー」が

主催しているものの録画ですが、

これを見ますと具体的な内容が分かります。

関心のあるかたはご覧ください。


【桐谷さんが語る!“株主優待”】

トークショー動画【証券知識普及プロジェクト】

株式投資を始められた経緯から

大失敗を経て株主優待投資に至る流れを、

熱心にお話しされています。


その他にもいくつも動画が出ていますので、

本を読むより早く理解できると思います。

優待と配当利回りと合わせて4パーセント以上

を狙っていらっしゃいます。


考えなくてはいけないのは、

桐谷さんが優待株を始められた時期が

日経平均が上り調子の時でしたので

現在とは状況が異なっているということです。


日経平均が伸びない、あるいは下がっていくという時は

どうするのかということを

考えておいた方がいいだろうと思います。


桐谷さんは、さがったら損切りはせず、

ナンピンをするとおしゃっています。

そういうやり方も実践ではどういう風に

するのか考えていかなければなりませんね。

桐谷さんの老後の仕事になった株主優待投資の伝道師という仕事

リーマンショックで受けた損失の失意から

立ち直るために始められた株主優待投資生活ですが、

今では講演、テレビ出演、著作活動など、

株主優待を話題に、活動内容を自分の飯のタネに

仕事として忙しく働いていらっしゃいます。




桐谷さんは、健康に楽しく暮らすことを

心がけていらっしゃいます。

シニアなので参考になるところもありますね。