あきらめるのはまだ早い 老後不安の解消法

スポンサーリンク

低年金者の悩みは、先々のお金の不安で健康の不安よりウエイトが高いかもしれません。

と、人ごとのように言っておりますが、自分のことです。

そこそこ年金もあり貯蓄もある人は、健康に気を付けていれば大方大丈夫ではないでしょうか。見た目ではそう見えます。

長生きすることよりも長く働くことを考える

お金がなければ、健康寿命のことを第一に考えます。

運動とか節約を中心にして、できるだけ働ける体制を作っておくことだと思います。介護の世話にはならないよう意識しましょう。介護を利用するにもお金がかかります。

長く働くことのメリット

同じ職場で長く働くのが一番です。高齢者となり、後がない状況で少々息苦しいからといって新しい仕事を探そうと考え、行動に移すのは慎重にされたほうが良いと思います。

慣れ親しんだ職場ですと人間関係のわずらわしい部分が大体分かります。

これだけでも精神的負担が軽いです。

仕事に慣れているので新しく覚えることも少なく楽です。

働くほど年金受給額が増える。これが一番いいのではないでしょうか。

長く働き続けるには

周りとの人間関係をよくしておくことだと思います。これは絶対かもしれません。

職場や兄弟、近所。少々面白くないことがあっても目をつぶってやり過ごすしかありません。

年をとると自由がなくなりますね。

争いごとからは距離を置いておく。

病気になってしまっては、時間とお金を奪われ、行動の自由もなくなってしまいます。

体力増強には一番気を配ります。60過ぎてから体力や筋力をつけることに成功をしている方がいます。見習いましょう。

老後不安をやわらげ収入につながることを新しく覚え、自己訓練する

今仕事をしておられるのでしたら、体力、気力的に続かなくなることも考えて自宅でできることに挑戦してみましょう。

もちろんその時は、お金をかけない方法でやるのがベストです。

今仕事をしていないのであれば、ネットを使って収入を増やすことを考えてみましょう。

アンケートなどは、隙間時間でできるようです。収入は少ないですが、何もないよりいいです。

1つだけでなく、いくつかできることを考えてみましょう。