キノコの冷凍保存で節約

スポンサーリンク

キノコ は特価で売られる時がありますが、大体値段は安定していますね。

季節に関係なく安定して供給されるからですね。その点もやしと同じで当てにできる食品です。

キノコは安い時に購入冷凍保存

キノコは低カロリーとはいえ、一度にたくさん食べるものでありません(たくさん食べる方もいらっゃるでしょう)が、痛むのが早いので小分けにして冷凍保存しておくといいですね。


今までは、使い切るために無理して料理していましたが、冷凍して使えることが分かって今では少しずつ使っています。




特に安いときは安いので多少多めに買って冷凍保存しておくと重宝です。よく使うキノコは多めに買っておきます。

目安として1か月くらいは大丈夫そうです。

私の場合、たくさんの種類は必要ありませんが、シイタケ、シメジ、えのきだけ、なめこくらいのうち2つで十分です。

冷凍キノコの調理方法

袋のまま冷凍して使うとき袋からそのまま出して使います。

調理の仕方としては炒め物などが多いです。

ベーコンと一緒にスープにするのもいいですね。

【ケース1】あぶらげを湯通ししてからキノコと炒めるのも手早くていいですね。

【ケース2】 焼きそばにキャベツと一緒に入れて炒めて食べることが多いかな。


【ケース3】 パスタとの相性が抜群なのであまり食べませんが、パスタにして食べるのもいいですね。

食物繊維が多いので、キノコは体にいいと言われます。

ですが、個人的な感想ですが、量の割には、値段が高いような気がします。

コスパのことを言うとキャベツ、大根、もやしにはかないません。



キノコの英語名mushroo

キノコは英語で言うとmushroomというのですね。


マッシュルームというと例のかわいらしいキノコを思い浮かべますが、キノコ全般のことを mushroom といいます。


Googleno翻訳にキノコと入れますと mushroom と出たのでわかりました。