パック餅は飯がわり。

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます。

昔餅は、正月に食べるものだと決まっていました。

今は年中売っています。
季節を外れると安いですね。
賞味期限も長くていいですよ。

皆さんの中には食事の時にいつもご飯代わりに餅を食べているという方もい
らっしゃるでしょうね。私の場合、餅をお米代わりに食べております。

何故かというとコスパが非常にいい。

塩分がなくても食べられる、管理が楽、
ご飯を炊かなくてよい、という点からです。

一番の理由は、塩分がなくそのままでも食べられるので、
都合がいいので利用しています。

コスパがいいというのは、パックご飯と比べた場合です。
お米を袋入りで買った場合、5キログラム1800円ぐらいですか。
パックご飯5個400円くらいですか。もうちょっと安いかもしれません。

パック餅

私の利用するスーパーでは、パック餅1キログラム398円。
今写真の物が一番安いです。サトウの切り餅 1キログラム 598円。
他の製品では、 1キログラム 498円。

一袋の中に何個入っているか、見てみましょう。

2段重ねの10パックで合計20個入っています。

1食につき、2個。餅だけですと、10食分になります。
パックご飯と比べるとずいぶん違います。

これをトースターでいつも決まったメモリにセットして焼きます。
メーカーによって焼く目もりの位置が多少違ってきます。

値段の高いものがうまいかというと、そうとも言えません。
メーカーによって粉っぽい感じがするものがあります。

写真の物が、自分で食べた結果一番良かったです。

餅は、高齢者が食べるとのどに詰まらせて危険とよく言われます。

実際のどに詰まらせた場合、
呼吸困難に陥って病院に着くまでの間になくなってしまうことがあります。

高齢者は飲みこむ力が弱くなるのでのどに詰まらせるということです。
嚥下障害というものです。特に65歳以上に多いということです。

年齢からいうと私など一番注意しておかなければいけないところです。

便利で重宝している餅ですが、食べる際注意していることがあります。

餅を食べるとき注意する点

・一人では食べない(一人暮らしの場合はしかたありません)

・小さく切ってから食べる

・急がずゆっくりとかんで食べる

・焼きすぎて柔らかくしない

煮たりすると柔らかくなるので 私の場合、
ほとんどやきもちにしますが、小さく噛んで食べるのとゆっくり噛んで食べるようにしています。

餅は非常に危険な食べ物ですが、
飲み込む力が弱くなると何を食べても大変になるのでそうならないよう、
飲み込む力を鍛えましょう。