性急に結果を求めようとするとうまくいかない

スポンサーリンク

クラウドソーシングでのライティングとかアンケートなどの仕事をすると、最初は低単価の仕事しかできる仕事がなくて、あほらしくてやってられない気持ちになります。

まあこれでいったんは遠のくのですが、また思い直してやり始めるのです。

何事も辛抱が肝心

こういうご時世なので、みんな似たような気持ちでやっています。当然仕事の取り合いになります。

今は、発注者より受注者の方が多い時期です。

5円に困っているわけではなくて、仕事の受注の時の評価を上げるためにあほらしい仕事もこなしているわけです。

ばかばかしいことを承知で取り組めない人は、早々に挫折してしまいます。以前の私です。

ですから、クラウドソーシングの仕事をやるのにも辛抱が必要になってきます。

あれこれもがきながら、先に進んでいくのです。

他にやることのない「老後の自由時間」とはいえ、ばかばかしいにもほどがある、とつぶやきながらやっております。

多少のお金の他に勉強もできる

ライティングの勉強もできますよ、添削指導付き、なんていう親切な仕事もあります。

やってみる価値はあります。独りよがりにならないよう。

と言いながらまだ受注したことはないですが、というよりも受注できないだろうと決めつけているので。

ひと月5万円稼げると違ってきますと、おっしゃる人もいます。

ひと月5万円稼ぐというのは、楽して稼げる話ではないのでいい意味で期待が持てます。

簡単に稼げる話程危ないものはありません。

稼ぎにつなげるには時間がかかる

アンケートの仕事では単発で、仕事を覚えるという流れにならないので、やはりライティングの仕事を受注できるようにしたいと考えています。

それで最近、プロフィールをしっかりしようとやっています。

もし時間があり、ひと月5万あったらいいじゃないという方がいらっしゃれば、どうぞやってみてください。

クラウドワークス

日本最大級クラウドソーシング クラウディア