うまいけどなぜラム酒に漬け込むのですか

スポンサーリンク

ラムレーズンは、アイスやチョコやサンドなどのお菓子によく使われ、マッチングしたうまさに癖になります。

そろそろクリスマスのシーズンでケーキに使われることのあるラムレーズンについて、なぜラム酒に漬けこむのか、調べてみました。

サンタ
サンタ

なぜ日本酒じゃなくてラム酒なのですか

お好みで日本酒でもいいのですが、レーズンをお酒に漬け込むのは、香りを出したり、うまみをつけたりするためですが、別の役割は、腐敗を防ぐためです。

日本酒は度数は15度くらいで、腐敗を防ぐのは40度くらいからといわれています。

ラム酒は37度以上あります。40度くらいのラム酒に漬けて保存を利かすためです。

ラム酒には香りと甘みがあり、香りをつけるために使用しています。

ラム酒入りのお菓子

ラミーチョコレート
ラミーチョコレート

ラム酒入りのチョコレートといいますと、ロッテのラミーチョコレートを思い浮かべますが、このチョコレート私の行くスーパーでは、バッカスチョコレートと一緒にチョコレート売り場ではなく別のところで売られています。

お酒入りなのでそうなっているのでしょうか。

バウンドケーキやラムレーズンを入れたクリームを挟んだサンドなどを思い浮かべます。

あまり数は多くありません。それよりも自宅で作るお菓子作りの方で活躍しているように思います。

ラム酒の生産国

ラム酒の生産国は、西インド諸島のキューバ、ジャマイカ、プエルトリコなどカリブ海に浮かぶ島々で製造されています。

原料は、砂糖キビです。

日本では、小笠原でラム酒が作られています。

1830年ごろにはすでに作られていたようです。

小笠原ラム・リキュール株式会社同社のホームページのデザインがラテン系の感じが良く出ています。

ラム酒の他にパッションリキュールというラム酒に小笠原特産のパッションフルーツの果汁を加えた酒で度数が12度です。

パッションというのは、元気のない時でもカラ元気が出ます。

ひまわり
ひまわり