酒はやめられる

スポンサーリンク

今はやめていますが、

私は以前大酒のみでした。



アルコール中毒は、

何年やめても何かの拍子に

一旦飲めばまたぶり返すと

いわれています。


自分がアルコール中毒であったのかどうか、

自分で診断した結果

おそらくアルコール中毒だった

のだろうと思っています。

よく飲みました。


それだけに今はアルコールには

近づかないようにしています。

といってもスーパーなどでは、

酒売り場を抜けて移動しますが。

酒をやめてから5年くらいになります。



知っている酒のパッケージを見ると

なんであんなに飲んだのだろうか

と思い返すことがあります。


酒を飲んでまずかったなあとおもったこと

健康に悪いことだと、

と健全な人は思うことでしょう。

それが普通だと思います。




私の場合は、お金がかかるし、

酒をのんでいる時間は

何もできないしで、

お金と時間の無駄でした。


残りの人生の時間を考えると

時間を無駄にしたこと

悔やんでいます。

もったいないことした。


自己肯定して生きるのも

いいでしょうが、私の場合、

今の現状を考えると猛反省です。



楽しい時間を過ごし、

リフレッシュできてよかったというのが、

いい飲み方です。



それとは真逆の飲み方でした。

何でやめることができたのか


10年以上も前にブログをやればよかった。

唐突ですが、時が過ぎてみてそう思います。

考えたり、表現したりする機会ができて、

楽しいですね。試行錯誤の日々です。

当時他人依存症の傾向

多分にあったのではないかと思っています。

自分の人生は自分でカジ取りしなければだめですね。

エラソーなこといってますが。

厄介です。他人依存症

なんでそう思うのかといいますと、

居酒屋で酒を飲んでる動画を

つまみにしながら酒を飲むという

けったいな飲み方をしていました。


酒を飲むのに酒飲みの動画を

見ているのです。

それでますます飲んでしまいます。


大好きな番組が、

太田和彦さんの「全国居酒屋紀行」

僭越太郎さんのどやめし紀行

#114 おでんと釜飯 ムロ【京都・四条大宮】)←

こんなのを見ていました。


今コメント欄を見ますと、

私と同じことをやっている方がいますね。



余計なお世話ですが、危ないですよ。


酒を飲んでいるうちに

やめたいなあと思う時期が時々、

やってきます。


やめてみてやめきれずに

また飲み始めるのですが、

そのうちにまたやめるのです。

何度か繰り返して

結局飲まなくなってしまうときがきます。

私の場合は、そうでした。


時間がもったいないと思うのです。

酒を飲んだ後は、できることが限られてきます。


このテーマは重い。


さっき迷い込んだのにまた迷い込みそうです。

今日のところはこれで失礼します。



---------------------------------

ランキングに参加中です
応援していただけるとと
ても励みになります

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
老後の生活
シェアする
高齢者の明日を考える