隣に座っている犬

スポンサーリンク

後ろからあおり気味に

軽トラックがついてきます。

カーブはあるものの

車両の通行量が少ないので

追い越させてあげようかどうか、

迷っていました。

どんな人が運転しているのかなと

思って後ろの車両の運転席を見ると、

頭に白い手ぬぐいをかぶり、

顔にマスク、眼鏡といういでたち。

なにかににているなあ、月光仮面か。

その隣にはワン公。

体を右に左にゆらしながら

乗っています。

後ろを時々見ながら迷っていました。


やはり、犬は、体を揺らしながら

運転手の隣についています。

その生真面目なユーモラスさに

笑えて来ます。



助手席のドアに

寄りかかろうとせず、

ずっと真ん中に体を揺らしながら

きちんと座っています。

やがて追い越させても

ダイジョブなところで

抜かせてあげました。

そうしたらぬいて

そのまま右ウインカーを出したまま

かなりの期間走っています。

おやおや消し忘れかなと思った頃、

右に回っていきました。

その先は、畑です。

おばあさんは、農作業があったので

急いでいたのです。

犬が真ん中いたのは、

相棒、おじいさんがいつも運転して

おばあさんが、助手席にいたためでしょう。

後になって気がつきました。


それぞれの定位置というのが

あって犬も自分の定位置に

こだわっていたのだと

あとで気がつきました。


2人と一匹。いつも行動を

一緒にしている仲間。

いない時も席を空けてあげている

犬のけなげなさに

楽しいなあと思いました。


久々にほほえましく思いました。


---------------------------------

ランキングに参加中です
応援していただけるとと
ても励みになります

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
雑記
シェアする
高齢者の明日を考える