うどんを打つことが目的なのか商売が繁盛することが目的なのか

スポンサーリンク

「帰りたい…」95歳男性があえて老人ホームで亡くなった理幻冬舎ゴールドオンラインをご覧ください。

住んでた自宅に帰らず住み慣れた老人ホームの方を最後の死に場所に選んだ95歳の老人。

繁盛店を経営していた老人の言うことに商売の秘訣がありました。

繁盛店だから味にこだわったのかというとそうではありませんでした

商売を繁盛させようとうまいうどんを作って、丹念にだしをとっておいしいつゆを作る。揚げたての天ぷらも用意する。そうしたらお客さんはきっと来てくれる。

と、商売人ならだれでもそう思うのではないでしょうか。

それが自然な形ですよね。

ところが、

商売は地域の特性と客の顔色を見ながらやる

繁盛店だから手打ちにこだわって商売をしていたのかというとそうではありませんでした。

客の顔色と食べ残しを見ていたということです。後は帳簿を見ていました。

ほんとなの?

このご主人の商売をしていたところが、京浜工業地帯でした。

肉体労働者の多い地域で味よりもお腹いっぱいになることの方が喜ばれる地域でした。

ご主人は、うまさよりもおなかいっぱいになることの方を優先して商売をしました。

それでお客さんがたくさん来てくれたのです。

大変じゃないよ。注文すると業者が持ってきてくれるからというセリフには驚きです。

うまいうどんも、おいしいつゆも頼めば持ってきてくれるというのを聞くのは、初めてでした。

そういうものなんですね。

この発想、立ち食いうどんのやり方に似ていると思いました。繁盛すれば繁盛するほど店で賄っていては間に合わないので業者に頼むのですね。

お客さんが増えても対応できるという訳です。

よく行ってた駅そばだったが

話が変わって申しわけありません。

とある路線の立ち食いうどんの話です。私が良く利用していた立ち食いうどん。

年配のおばさんたちがお店で天ぷらを揚げて出していました。朝早くから営業していました。

天ぷらのにおいとかつゆのにおいが遠くからでもしてきて、お腹が空いたときは、ついお店に引き込まれてしまいます。

人気のある店でした。

ところが駅の立ち食いうどんの営業している母体が変わって、別の会社になり、はじめてそのうどんを食べたときまずくはないですが、前のおばさんたちがやっていたうどんの味と随分違うのでがっかりしました。

おそらく他のお客さんでも私と同じ気持ちの人もいたのではないでしょうか。

店が変わっても同じように食べに行っている人もいるでしょうし、いかなくなった人もいるでしょう。

今でも一方的に店を変えやがってという恨みに近い感情がわいてきます。

---------------------------------

ランキングに参加中です
応援していただけるとと
ても励みになります

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
雑記
シェアする
高齢者の明日を考える