天然水のペットボトルを買うのはもったいない

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます。

今住んでいる町の水道代が高く感じられるので不満でしたが、昨晩寝ながら
思い出しました。

そういえば以前住んでいた町では、水道水がまずいので週末になると近所の
スーパーに水のペットボトルを買いに行っていたな。

スーパーの方も天然水を客寄せに使っていましたので夕方行くと特売で用意

された水は売り切れてしまっていることがありました。

確か80円くらいでしたが、ひと箱6本入り。その都度税金と合わせて500円
以上を使っていたことになります。まずいだけで体に害があるわけではないので
すから、沸騰させて飲むことはできます。

普通に水が飲みたいと思っていましたので贅沢ではないと思います。これでコーヒ
ーとかお茶を飲んでいました。

他の皆さん方も買っていたわけですから。

年配の人の中には余裕があるわけではないので1本だけそっと買っていく
人もいました。

こちらに来てから非常用の水を1箱買っただけです。

2か月に1回6千5百円程は高くないですね。ありがたいことに飲み放題です。

年金生活に入ると大したことではなくても敏感になってきます。

----------------------------

高いと思ってなるだけ使わないよう、省エネでやっておりました。

ところ、

「お宅の水道、漏水していないですか」

と水道局からある日、電話がかかってきました。

「漏水?」

「漏水してないですけど」

「いやあね、工事業者が入っているのでその関係もあるかもしれないん
ですよ」

「いくらなんですか」

「〇〇万円」

「?」

あまりの金額にびっくりんこ

突然のことなのでびっくりするとともに、漏水詐欺じゃないかと身構え
ました。

詐欺でも漏水詐欺は聞いた事がなかったので本当に市役所なのかどうか、
疑問に思いました。また電話しますということでひとまず終わりました
が、翌日電話してみました。

市役所のホームぺージを見たら、掛かってきた電話番号があったので
市役所からなのは間違いないだろうと。

別の人が出て、事情を話しました。その後それは業者のミスだという返
答をもらってひとまず安心しました。

何日か後に金額の書かれたはがきをもらって決着がつきました。

こういうこともあるんですね。

---------------------------------

ランキングに参加中です
応援していただけるとと
ても励みになります

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
雑記
シェアする
高齢者の明日を考える