yahooでの本の出品について

スポンサーリンク

本の整理はやってきているもののまるっきり買わないということもできずに少しは増えています。

全体的な量は減ってきているのですが、それでもなかなか減りません。

yahooオークションを利用してやっています

こんな本売れるのかなと思いながらyahooに出品しています。写真を撮り、色々記入して出品するわけですから手間がかかります。

一応テンプレートは作ってありますので、作業は難しいものではありません。

yahooを使ったことがない頃は、出品作業はややこしいのではないかと思っていましたが、やってみると想像していたほどでもなくて便利なものだなあという印象です。何でも経験してみるのが一番ですね。だんだんyahooでの出品のコツがつかめてきます。

出品で迷うのは値付けで、整理が目的なので何でも売れればいいのに、少しでも高く売りたいとスケベ心が出てくるので時間がかかります。

Amazonを目安にしていますが、送料込みでやっていますので最低価格はメルカリカリと同じフリマ形式で300円にしてあります。

後は引き合いが来そうなものについては、値段を上げたり、フリマ形式ではなくオークション形式にしてみたりしています。

売れればいいわけですから深くは考えていません。

今のところメルカリの出品はお休み中

以前はメルカリも利用していましたが、2つもやっていますと単純作業とはいえ、ややこしくなってきますので、メルカリはやめ、yahooだけにしております。

メルカリは購入するときだけ。売るときは、やり取りが煩わしいですが、購入だけですとメルカリはとても便利です。

コロナ禍で急いで売っているような人もいたりしますし、以前のような勢いも多少そがれているような感じがします。

そんなことを考えていると、この後コロナが落ち着いてきた頃の生活はどうなるのだろうと不安にもなってきます。きついツケが回ってくるのではないでしょうか。

売れずに残るのでと思ったものが

意外と売れて行ってしまうので世間というのは広いなーと思います。と同時に分からんものだ、とも思います。

今日は、珍しく2冊売れました。ここのところ売れませんでしたが。

売れておかしくないものがなかなか売れません。

しかし、買うときは簡単ですが、売るときは時間がかかるものです。人のことはああだこうだといっていますが、自分のこととなると恥ずかしい限りです。

いつになったら終わるのでしょうか。最後は奥の手を使わざるを得ないのでしょうか。