うまい信州そばなのに客がいない

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます。

”味はいいのに客のいない店”という言葉で、どんなキーワードが出てく
るのかと検索すると、”有名なのにまずい店”という言葉に始まって”まず
い”というキーワードがずらり。

”まずい”なんてひとことも入力していないのに。

客のいない店は、”まずい”ばかりでなくその逆の”うまい”もあるはずなの
にやはり客がいないのは、まずいが普通なんだな。

昨日は入ったそば屋さんは、私の他に一組のみ。田舎道沿いにあって、手
作りの看板、案内板ばかりかけられている個性的な店。一から十まで手作
りの看版。

設備投資の節約型。

駐車場がちょっと狭いと感じた。店の中に入ると笑顔のない接客。一瞬
失敗したかなと思った。

先に入った客は、夫婦だったのでお品書きを見た後、天ぷらそばでも頼む
のだろうと思ったら、ざるそばだった。初めてなのかな。

私も初めての店は、ざるそばで味を確かめることにしているので、と言い
ながらいつもざるそばが多い。ざるそばを頼んだ。

食べてみると意に反して”うまかった”。これまで食べたそばの中で上位クラ
スだった。こんなにうまいのに昼時に客がいないのが不思議だった。

何故だろう。

接客している女性と客の間に変な空間が開いているような感じがした。何か
頼みずらいような。

前にも入ったことがあることに後で気がついた。そういえばあの時も不愛想
だった。それでもう来ることはないと思ってすっかり忘れてしまっていたのだ。

記憶がなくなっていたのでまた入ってしまったという訳。

レビューを読むと私のような印象を持った人が多少いるよう。

大体はうまいという評価。であればもう少し客がいてもよさそう。

客商売の難しいところだが、味さえしっかりしていれば客はついてくれる
という考え方は、間違いではない一面がある。

客が店の人間のことを分かっている場合は、問題にならないと思うが、間
口は広げておく必要があるのではないかと思う。

自分のことは棚に上げて少し能書きを言ってしまった。


---------------------------------

ランキングに参加中です
応援していただけるとと
ても励みになります

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
雑記
シェアする
高齢者の明日を考える