梅も桜も一緒に咲いて

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます。

梅は今月中旬から咲いているのが目立ち、桜は昨日咲いていることに気づき
ました。梅も桜も一緒に花をつけるのが長野で、この地方の特徴。長野
で生まれ、育った人間もどちらが梅なのか桜なのか混乱することがあ
るようです。

観光地にもカメラをもって熱心に撮影している人の姿が目立ってきました。

ようやく春の訪れ。冬が長くて、夏が短い。

薪を軒先にそろえているお宅が多く、こちらに来た当初は驚きました。

割った薪をきれいに積み上げているのです。暖房を暖炉でとっているお宅が
多く、木材をあんなに切り倒してもったいないないと思いましたが、どうやら
虫にやられた物とか、間伐材 を使っていることが分かりました。

切り倒された木を安く買ってきて、休みの日に割っているのです。

もちろん機械を使って作業をしています。

便利だなと思います。私の小さい頃、風呂を沸かすのに木をのこぎりで切って
いましたが、よく乾燥していないとのこぎりの歯が、進んでいかないので手間
のかかる作業でした。

木を割るのも斧でやっていましたので、節の部分はまっすぐ割れないので
苦労しました。

そういう風でしたから、薪割は体力と時間がかかるものだと思っていましたが、
こちらに引っ越してきて薪割作業を見ていますと、機械を買うお金はかかるか
もしれないですが、便利だと思いました。